たまりば

  日記/一般 日記/一般  日野市 日野市

プロフィール
JUMP
JUMP
ハッスルエンジェルス
3378勝688敗38分
ゆっこ、ミミ、美沙、綾
ミニマム、ガルさん、ムスミさん

「いつ何時、誰の挑戦でも受けるよ!」

※当ページはリンクフリーです。
お約束
(C)2005 松永直己 / SUCCESS
 運営サクセスネットワーク
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

 とりあえずいっとけ


『レッスルエンジェルス サバイバー2』
QRコード
QRCODE

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2008年10月24日

読んでから書くか、書いてから読むか・・・。

GUNSLINGER GIRLの10巻が手元にあったりするんですけどね。
表紙と帯の言葉はどうしても目につくわけで。

トリエラがいなくなったら多分読まないと思います。

で、当り前のようにまだ読んでないjumpです。


さてさて、提携さん、ゴスロリ会のメンバー始め、
いろいろ盛り上がってるようなサバイバー2でございますが。

もう、私的には一つだけです。

バランスよくしてください。

PC版のレッスル及び、SFC版のSWAは、
本当にバランスのゲームだったと思えるのですよ、俺的には。
もっとも、SFC版については、
世界を制するギロチンドロップLv.4なんてのもありましたけど。

正直、サバで一番がっかりだったのが、
CPUに勝てない=バトルがつまらなかった。
それにつきるんですよね。

そこで楽しめるかどうかに一番期待してます。
ぶっちゃけ、愛が面白いのはそこで楽しめますからね。
ダウン補正だけは見直してほしいけど、
(3回技受けたら立ち上がるとかね)

もっとも、愛もほとんどオートですけど、
見てるだけでも楽しいと思って遊んでます。
ああ、そういう意味ではほんとにレッスルエンジェルス好きなんだな、ぼ、僕は。

ぶっちゃけた話、
対抗戦ができそうなだけでも面白いと思いますけどね、
その対抗戦の試合を自分で操作しながらやったら、
さらに面白いんですよ、レッスルは。

ほんまにねぇ、ツォンさんとかとやると、
つきあい長い分、
すさまじく神経使いそうですわ。
お互い必殺の使いどころの勝負になりそうやけどねぇ。

ニンテンドーDSiででるまでがんばるしかないんやろかね。

つまらない話ですみません。

ではでは。


  


  • 2008年10月24日

    〇〇活動

    まいど、jumpです。

    最近、会社の女の子によくいわれることが、

    「課長、婚活しないんですか?」と。

    まあ、好きでやってないわけではないんですけどねぇ・・・。

    ということで、そんなお話。


    東京郊外H市、ハッスルエンジェルス事務所。


    J     「ほほぉ、最近はこんなこと言うのかいな・・・」

    リビングで新聞を読んでいるJ。



    「・・・・おい、おっちゃん・・・」

    とてとてとて・・・ぽて・・・

    なぎさ  「・・・・・痛くないicon11・・・」

    J     「・・・いや、もうつかみはええから・・・」

    なぎさ  「・・・んしょっ・・・」

    Jの膝にちょこんと座るなぎさ。

    なぎさ  「・・・なに、読んでたの?・・・」

    J     「ん?・・・いや、最近のな若い子の間で流行ってる言葉や」

    なぎさ  「・・・ふ~ん・・・」

    J     「なんや、10代は部活やそうや」

    なぎさ  「・・・部活動・・・」

    J     「そうやな、で、20代はというと就活」

    なぎさ  「・・・就職活動・・・」

    J     「そや、で、30代になると婚活とかいうらしい」

    なぎさ  「・・・結婚活動・・・」

    J     「おっ、ようわかったな」

    なぎさ  「・・・ここに書いてある・・・」

    J     「・・・・・・・。
           まぁ最近の若い人はなんでも略するの好きやなぁ」

    なぎさ  「・・・・乙・・・・」

    J     「・・・・・・・・・・」

    なぎさ  「・・・・40代は?・・・・」

    J     「おっ、ええとこついてきたなぁ、
           そやなぁ、差し詰め40代になると婚渇ってとこか」

    なぎさ  「・・・こんかつ?・・・それは30代じゃないの?・・・」

    J     「ちゃうちゃう」

    なぎさ  「・・・・ちゃうちゃうちゃうんちゃう?」

    J     「・・・・小ネタはええから。
           まあなぁ、30代までは一生懸命結婚したいと思うけど、
           40代になるとその気持ちも渇いてしまうみたいなとこやなぁ」

    なぎさ  「・・・・わかった、おっちゃんのことか・・・」

    J     「・・・・・・、いや気持は30代や・・・」

    なぎさ  「・・・・50代は?・・・・」

    J     「・・・う~ん、それは難しいなぁ、
           そうやなぁ、性渇ってとこやなぁ」

    なぎさ  「・・・せいかつ?・・・」

    J     「これはまだお前には難しいなぁ、
           で、60代になると生喝やな」

    なぎさ  「・・・?・・・」

    J     「まあ、生きることに喝や!
           ここで気合を入れて長生きしようとな」

    なぎさ  「・・・ふ~ん・・・」

    J     「で、70代になると、薬活、
           まあ、薬なしでは活きられんということやなぁ」

    なぎさ  「・・・山田君、座布団一枚・・・」

    J     「おっ、うまいこというたか」

    なぎさ  「・・・・ん・・・じゃあ、理沙子さんは?・・・」

    J     「ああ、なんや、婚活の真っ最中のようやなぁ、
           うちであかんかったからゆ~て、
           田女に行くとかゆ~とるなぁ・・・
           もっとも実年齢から考えたら、そろそろ婚渇・・・」

    なぎさ  「・・・・・・・おっちゃん、後ろ・・・」

    J     「・・・ビクッ」



    理沙子 「・・・誰が40代ですって~っ」

    J     「ちょ、ちょっおま・・・グヴォワ~ッ!」

    キャプチュード炸裂!!

    なぎさ  「・・・おっちゃん、迂闊・・・」


    おあとがよろしいようで・・・・。








    つうか実際は40代っていうと論語の、
    不惑っていう年なんですけどねぇ。
    相変わらず惑々です。
    もちろん、結婚だってあきらめてませんよ。

    ではでは、お休みなさい。