たまりば

  日記/一般 日記/一般  日野市 日野市

プロフィール
JUMP
JUMP
ハッスルエンジェルス
3378勝688敗38分
ゆっこ、ミミ、美沙、綾
ミニマム、ガルさん、ムスミさん

「いつ何時、誰の挑戦でも受けるよ!」

※当ページはリンクフリーです。
お約束
(C)2005 松永直己 / SUCCESS
 運営サクセスネットワーク
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

 とりあえずいっとけ


『レッスルエンジェルス サバイバー2』
QRコード
QRCODE

2009年11月10日

ガンオタ育成計画 第二夜

早速ではあるが、昨日のガンオタ分類の続きから行きたいと思う。

4. Gジェネレーション

ガンダム世代とはよくいったものである。
私のブログを読んでくださってる方はもうご存じだと思うが、
バンダイ・ナムコのガンダムSLGシリーズのタイトルで、
最新作Gジェネレーションウォーズまで、
10年近く続いている。
ここではGジェネに限らずゲームから入ったガンオタを、
Gジェネレーションと呼称させていただく。
なぜ、わざわざこういう分類を設けたかというと、
自身がGジェネF(PS)にはまり、
ZZ以降眠っていたガンオタ分が復活したことに他ならない。
これはDNAも関連しているようで、
後述させてもらうが、私の甥っ子もゲームでガンダムを覚えた口である。
ゲーム自体がそれぞれのガンダムのダイジェスト版であることから、
この手合いはガンダムの知識に関して言えば、
広く浅くでしかないのであるが、
キャラクターの名セリフに関しては、
他のガンオタを超越していると言っても過言ではない。
SDガンダムガチャポン戦記や、
スーパーロボット大戦からのガンオタもこれに属する。


5. CV派

腐女子の項で既に述べてはいるが、
やはり90年代の声優ブームにおいて、
好きな声優さんが出ているからガンダムを見るようになったガンオタである。
腐女子と区別するのは、女子だけではないと思われるからで、
それ以外の大きな意味はない。
ここに分類されるガンオタは、
特定のシリーズ、キャラクターについては抜きんでているが、
モビルスーツ等のメカや作画については興味が無く、
ガンダムとザクで終わってしまうのが忍びない。
ここからは推測であるが、ファースト世代の中にも、
同様にCVから入ったガンオタはいると思われる。


6. コミック派

非常に少数派ではあると思うのだが、
90年代の電撃系、ホビージャパン系のコミックを読んで、
ガンオタになってしまった危篤な人たちも少なからずいるのでは。
今や、ガンダムエースという雑誌まで出ているくらいであるが、
クロスボーンガンダムは最初は少年エースだったのである。
私は原作はほとんど読んだことないが、
ガンプラ派の中にはプラモ狂四郎(?)を読んで、
という人も多いはずである。
ブラ・マリやムーンクライシスがGジェネに出てくるときはあるのだろうか。


7. ドロク

これもレアではあるだろうが、
ガンダムを見るきっかけとしてあった事実は否めないかと。
SEED以降、関東圏では土曜日の夕方6時にガンダムが放映されて、
オープニングが次々チャートインしたりしたもんだから、
マスコミがこぞってドロクなどともてはやした時期があった。
もっとも、あれは土曜日6時にやってるアニメではなく、
ガンダムのテーマ曲であることに意義があったので、
ドロク、ドロクと言われる度に腹が立つ思いをしていたのは、
私だけではあるまい。
まあ、結果的には大物ミュージシャンを使ってるので、
内容関係なく売れた曲もあったようだが・・・。
新しいファン層を開拓したという点では、
SEEDは評価されるべきかもしれないが、
優勝した時の阪神ファンと同じで、
ニワカガンオタを増やしただけかもしれない。
いや、それはそれで喜ぶべきことなのだろうが。


8. スタッフ派

いや、本当は上述のドロクで分類を締めるつもりだったのだが、
考えてみたら、スタッフについてはかなり重要であろう。
というよりも大多数のガンオタが実はそうではないのか。
キャラクターデザイン、メカデザインからガンダムに流れるのは、
当時のアニメファンからしてみれば、
ごく当たり前のムーブだったわけである。
また、スタッフと言えば、
シド・ミードの名前は外すわけにはいくまい。
ターンAという作品はいろんな意味で画期的だった。
ひょっとしたらターンAから入ったガンオタもいるのかも。
一応ガンダムとつけば目を通すガンオタであるが、
ただ、キャラデザ・メカデザ中心故に、
好き嫌いが激しいガンオタともいえる。


以上、2回に渡ってガンオタを細分化してみた。
いろいろネット検索して調べようとも思ったのだが、
あくまでも自分の言葉でまとめようと。
言い換えれば、完全に私の主観でしか書かれていないので、
いろいろご意見もあるでしょうが、
なるほどと思っていただければ幸いである。


なお、次回は実際にガンオタを育成する過程について、
実体験を交えながら考察していきたいと思う。



東京郊外H市 ハッスルエンジェルス事務所

J      「というわけで、裏面も昨日に引き続き、
       レスオタ増殖計画や」

霧子    「はいはい、しかしガンダム好きですねぇ」

J      「今やったら卒論はガンダムの経済学とか書きそうや」

霧子    「ふぅっ、長くなりそうですね、
       ディアナ、先進めちゃって」

ディアナ  「ハイ、今日はサバイバーの話からデスね」

J      「・・・」

なぎさ   「・・・主人公は私・・・」

ディアナ  「オープニング出てませンけど・・・」

なぎさ   「・・・隠しキャラ・・・」

ディアナ  「レイさんや志保さんも?」

なぎさ   「・・・いらないキャラだから・・・」

J      「ちょ、ちょっと待て・・・」

なぎさ   「・・・コスプレと大食いはかぶるキャラ多いから・・・」

J      「まあ、そう言ってしまえばそのとおりやけど」

霧子    「と、とにかく昔から待ってたファンには涙ものでしたね。
       レッスルエンジェルスの復活は」

J      「そや、秋葉でポスター見たときは目を疑ったで」

霧子    「その場で購入したんですよね」

J      「まあ、それがファン気質やろ、
       中身は全然しらんかったけど、
       ゆっこが出てたさかいなぁ、
       続編にしても新作にしても問題ないやろと」

ゆっこ   「ジャッジャ~ン、マイティ祐希子、華麗に復活」

なぎさ   「・・・カレーが復活・・・」

ディアナ  「HAHAHAHA、カレー、カレー、
       YEAH、ナイスアメリカンジョークデス」

J      「どこがアメリカンやねん」

霧子    「でもまあ、サバイバーから入ったって人も結構いるわけですよね、
       ブログとか読んでても・・・(ああ、しんど)」

J      「そやな、まあこの辺はガンダムにも通じるが、
       キャラデザ、CVで入った人も多いんちゃうかな」

霧子    「そういえば、桜花の社長さんあたりはそうでしたわね」

J      「せや、SFC版をあれだけ勧めてもやらんかった男が、
       みずきなな・・・」

なぎさ   「・・・アルたんドール買ってこい・・・」

霧子    「ま、まあその話はおいといて」

J      「でもまあ、あれがなかったらクライマックスとかなかったしな、
       そういう意味ではちゃんと新規開拓できてたと言える」

なぎさ   「・・・年末泊まりたければアルたんドール・・・」

霧子    「いやだから、名古屋の英雄の話はおいといて」

なぎさ   「・・・聞いてるか?まつりん・・・」

ゆっこ   「えっ、あたし出番あれだけ・・・」

霧子    「だ~か~ら~っ」

ディアナ  「せんせ~、全然大活躍できまセン」

J      「つうか、この更新、気づいてる人すらいないと思う(涙目)
       予告覚えてる人なんかおらんで」

美咲    「大丈夫よ、次回こそ私たちの出番だから」

ディアナ  「美咲さんッ!」

美咲    「次回は携帯版、レッスルエンジェルス愛の話でよろしいんですよね?
       勇者たま~ッ・・・じゃなかったご主人様」

J      「いや、キャラ違うし、確かにあのゲーム出てたけど」

霧子    「てゆ~か、サバイバーの説明が全然・・・」

なぎさ   「・・・公式読め・・・」

霧子    「はいはい」


  • 同じカテゴリー(ガンダム)の記事画像
    ガンオタ育成計画 第九夜
    ガンオタ育成計画 第八夜
    ガンオタ育成計画 第七夜
    ガンオタ育成計画 第五夜
    ガンオタ育成計画
    任務、完了
    同じカテゴリー(ガンダム)の記事
     ガンオタ育成計画 第九夜 (2009-12-02 22:21)
     ガンオタ育成計画 第八夜 (2009-12-01 21:33)
     ガンオタ育成計画 第七夜 (2009-11-30 02:02)
     ガンオタ育成計画 第六夜 (2009-11-27 21:09)
     ガンオタ育成計画 第五夜 (2009-11-14 18:03)
     ガンオタ育成計画 第四夜 (2009-11-12 20:00)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    ガンオタ育成計画 第二夜
      コメント(0)