たまりば

  日記/一般 日記/一般  日野市 日野市

プロフィール
JUMP
JUMP
ハッスルエンジェルス
3378勝688敗38分
ゆっこ、ミミ、美沙、綾
ミニマム、ガルさん、ムスミさん

「いつ何時、誰の挑戦でも受けるよ!」

※当ページはリンクフリーです。
お約束
(C)2005 松永直己 / SUCCESS
 運営サクセスネットワーク
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

 とりあえずいっとけ


『レッスルエンジェルス サバイバー2』
QRコード
QRCODE

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2007年10月15日

星野SAキタ~!! (ネタばれあり)

?    「お前、星野さんはSDですよ。」

J    「SAっちゅうたらストーリーアプリの略やで。
     SDと間違えるわけないやろ。」

?    「・・・・くっ・・・・(涙目)」

J    「そんなん間違えてる?ちゃんに、
      そうそうチャンスはないで。」

?    「せっ!」

シュン、さっとかわすJ

J    「この大豪院邪風、逃げも隠れもせん。
      修行して出直してこんかい。」

?    「といいながら、何故腕を離さないの?」

J    「そりゃ、お前、グフフ・・・・。」

?    「い、いぃやあぁあ~icon10

霧子  「このふぁっきんヘタレ社長があぁぁぁぁ~~~~~icon05
     (©「レッスル!レッスル!」)

J    「ゴブァォア~・・・・ガックシ。」



霧子  「もう、二度とこんなとこに来ちゃだめよ。」

?   「あ、ありがとうございました。」

霧子  「気をつけて帰ってね。」

?   「はい、明日もよろしくです。」

とてとてとて・・・・・。

霧子  「リアムローダなんかで働いてるから・・・・(涙目)
      はっ?Jの姿が・・・・、
      お願い、間に合って・・・・・・・・。」

?の後を裸足で追いかけて行くやさぐれ霧子さん。




霧子  「それにしても・・・『?』っていったい誰?」






コメントありがとうございます。

To: KOZYさん

サバイバーから入ろうが、
RIPS Ⅴ(グレイト)から入ろうが、
置いてきぼりのブログへようこそ。
いや、俺はSAPⅡから入ったんですが(グゥレイトだぜ!)

ドラゴンネタは君なら解ると信じてた。

ところでツォンともよく話題になるのだが、
『?』の中の人って?
おっちゃん、純愛エロゲーは東鳩が最後やさかいなぁ。
KANONやONEや言われたかて、
そんなん、知らん、わからん。




レッスル川柳解説。

せっかくだから他所様に見習ってうちもやってみゆ。

「ごめんなさい 千歌手を擦る 足を擦る」 邪風

元の句はもちろん一茶であります。
つまりこの句は、

「やれ打つな 仙が手を擦る 足を擦る」

という意味を含み、暗いMAXシリーズにおける、
古巣ドラゴンズに対する星野SDの燃える思いが隠されています。
まあ、現実は打ってくれはりました、ドラゴンズ(涙目)。

星野SDから星野(ちよる)SAとのタイムリーなネタになったのも、
幸いですねと自画自賛。




言えねえ、発表見るまで忘れてた川柳だったとは・・・・。



セーブしますか?  続きを読む


  • 2007年10月15日

    週刊ハッスルエンジェルス 10/13日号




    「社長、↑ これは?」

    J     「ドラゴンゲートや。」



    「こないだ見に行ったのよね。」

    J     「そや、ほんまは昨日のネタやってんけどな。」



    「で、何か意味あるの?」


    J     「いや、見に行ってきたっていいたかっただけ。」



    「ほんとかよ、なんか怪しいな。」

    J     「ギクッ・・・・、いや、別になんもないよ。」



    「ドラゲーと言えば。」



    「闘龍門だっけ?」


    J     「ま、まあな。別に深い意味はあらへんで・・・。」



    「・・・・龍子さん・・・・」

    J     「!」

    霧子   「あら、そういえば?・・・。」

    なぎさ  「・・・ドラゲーを玄関に置いておけば、
          龍子さん入ってこれないって社長が言ってた・・・・」

    J     「(なぎさ、シーや、シーface06)」

    なぎさ  「・・・でも、もう遅かった・・・」

    J     「えっ?」

    なぎさ  「・・・OPEN THE GATE・・・」

    レイ    「うわ、ゲートキーパーズ。」

    ちづる  「だからマニアックなネタやめよって。」



    ギギギギギ、ギーーーーー、
    なぎさの声に反応して、ドラゴンゲートが
    ゆっくりと開いていく。



    ドッグォ~ン!両サイドから派手にあがるドラゴン花火。」
    BGM  「ETERNAL(ドラゴンナイト4)」



    花火の煙が消え去ると、そこには一つの影が。
    ?    「アチョ~ッ!」

    J     「へっ、お、お前は。」

    理沙子 「藤子さん!」

    藤子   「お久しぶり。」

    J     「な、なんや驚かすなや。」

    ?    「何に驚いたって・・・。」

    J     「チイッ、リアムローダめ、
          時間稼ぎもできんかったんか。」

    殺気に気づいて振り返り、構えをとるJ。」

    J     「か~め~は~め~・・・」

    龍子   「せっ!」

    J     「うぉぉ、目が、目があぁぁぁ!」

    龍子   「とうとう、他のブログでまでヨゴレ扱いだよ。」

    ゆっこ  「あ~、それはボスが悪い。」

    南    「リーダーは龍子をなめすぎよ。」

    来島   「死に水は取ってやるぜ、オッサン(涙目)」

    J     「昨日の私は今日より強い。」

    レイ    「かなり動揺してるよね。」

    ちづる   「ひょっとして死亡フラグ。」

    J     「・・・・黄昏よりも暗きもの、血の流れより赤きもの・・・。」

    龍子   「そんなの待ってるやつがいるか~icon05

    J     「えっ、いや、ちょ、おま・・・・・・・ギャ~。」

    プラズマサンダーボム、FIREEEEEEEEE!

    J     「・・・・タ、タムリ~ン!」

    なぎさ  「・・・エメラルドドラゴン・・・・」

    J     「フォ、フォロー、おおきにな(涙目)」










    土曜日は知人のライブでした。
    かっこよかったので、
    ちょっとだけ試聴どぞ。
    (これは昨日のじゃないですよ)

    浅見さんGJ!でした。

    http://www.youtube.com/watch?v=lwf7QV2niL0


    うわ~、時間があらへんがな。  続きを読む