たまりば

  日記/一般 日記/一般  日野市 日野市

プロフィール
JUMP
JUMP
ハッスルエンジェルス
3378勝688敗38分
ゆっこ、ミミ、美沙、綾
ミニマム、ガルさん、ムスミさん

「いつ何時、誰の挑戦でも受けるよ!」

※当ページはリンクフリーです。
お約束
(C)2005 松永直己 / SUCCESS
 運営サクセスネットワーク
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

 とりあえずいっとけ


『レッスルエンジェルス サバイバー2』
QRコード
QRCODE

2009年11月11日

邪神伝説 なぎさちゃんの事件簿

ヤノケンさんやね。


とりあえず、拍手ありがとうございます。

To: メルはん

いや、拍手でもコメント打てるからって話ですわ。
つうか、連絡用によう使われてます。
そんだけ。

その他にも拍手いただいてるようで、
ありがとうございます。


コメントありがとうございます。


To: シンちゃん

ジェリドかよ!
つうか、4と5の間ってそんなに広いかなぁ。
貴様だってニュータイプだろうに!

ガンプラやなかったら、
世代的にはゲームからでしょうね。
つうか、自分とこで書けばよかったに。

ミスタージパングとか出てきたらやばいな。




つづきは身内ネタで。


「いけ!いけ!ぼくらのなぎさちゃん」


東京郊外H市 ハッスルエンジェルス寮 休憩室

J      「なんやねん、このタイトルは?」

霧子    「はぁ、ごめんなさい」

J      「まあ、別にお前が悪いわけでもないんやろけどやぁ」

霧子    「ほんと、まさかねぇ・・・
       誕生日だから、なんでも言ってねっていったら」

J      「なんでまた秘書やらせろって?」

霧子    「どうやら、これを見たらしくって・・・」

J      「おっ、エース(Nさん)んとこか、なんやて・・・、
       ああっ、なるほどなぁ」

美咲    「『南さんや武藤さんじゃ勝てない』とか言ってたし」

ディアナ  「『神が降りてきた』とも言ってまシタ」

J      「どうせなら、ガイア使ってやらせたかったな、
       嫌がらせで」

霧子    「はぁ~、だからごめんなさいって」

J      「まあええわ、で、ちゃんと教えてきたん?」

霧子    「一応、電話応対マニュアルはおいてきましたし、
       ビジネスホンの使い方も教えてますけどねぇ」

美咲    「なぎさだしねぇ・・・」

J      「ふっ、こんなこともあろうかと、
       実は事務所にはカメラを着けておいたんや」

ディアナ  「あっ、あの更衣室に・・・」

霧子    「何っ?」

J      「いや、なんでもないなんでもない」

ディアナ  「えっ、こないだ防犯用とか言って・・・」

美咲    「その件は後でゆっくり話し合いましょうね、ご主人様」

霧子    「場合によっては・・・覚悟完了してくださいね」

J      「明日外しておきます。
       ほな、モニターで確認しにいこか」





ディアナ  「ってここハ」

霧子    「あなたの寝室でしょうが」

美咲    「どうして寝室で確認しなきゃいけないわけ。
       ?・・・なんか生臭いし」

J      「あっ、そうこうしてる間になぎさが入ってきたで」

霧子    「後でじっくりね」

J      「くっ、高かったのに・・・。
       おい、ディアナ、そこのアンプのスイッチ入れて」

ディアナ  「あっ、マイクですネ、
       えっと、このWCって書いてあるのは・・・」

美咲    「ちょっ、聞き捨てならないわね」

J      「あ、ああ、ワールドカップな、いやその横のおひすって」

霧子    「この変態、覚悟してなさいよ」

J      「あ、ほら音も聞こえるようになったで、
       ・・・っていきなり俺の椅子に座ってるがな」

霧子    「あ、あら、私は別にそんなことしてませんから・・・、
       あっ、電話が鳴ったみたいですよ」

TRRRRRR,TRRRRRR

なぎさ   「・・・もしもし・・・」

?     『ああ、ハッスルさん、社長おるかい』

なぎさ   「・・・(コクリ)・・・」

?     『?、もしもし、もしも~し』

なぎさ   「・・・カメよ、カメさんよ・・・」

?     『世界のうちでお前ほど・・・、
       ってなんや、なぎさちゃんか』

なぎさ   「・・・(コクリ)・・・」

?     『なんやようわからんけど、
       俺や、田女のツォンやがな。
       霧子くんはどないしたんや』

なぎさ   「・・・霧子さんは山へ鹿狩りに・・・」

Z     『鹿狩り?
      そのへんに鹿なんておるんかいな。
      ほな、社長と代わってもらえるか?』

なぎさ   「・・・社長は川へシャンタク(?)に・・・」

Z     『シャンタクって、ほんまクトゥルー好きやなぁ。
      まあ、なぎさちゃんでもかまへんわ。
      うちのコバそっち行ってへんか?」

なぎさ   「・・・知らん(電話を切る)・・・」

ガチャン、ツーツーツー。


=社長寝室=

霧子    「あらら~」

美咲    「初めてのお使いみている親の気分だわ」

J      「いやまあ、ツォンやからかまへんけどな、
       しかし、大丈夫かよ」

ディアナ  「私、代わってきましょうカ?」

J      「いや、お前はまたどこかで使ってもらえるかわからんし」

ディアナ  「?」

霧子    「とかなんとか言ってる間に、また電話ですよ」


TRRRRRR,TRRRRRR

なぎさ   「・・・もしもし・・・」

?     『あっ、Jさんのお宅ですか、
       私、実は近くでマンションを分譲しております」

なぎさ   「・・・Jさん違う・・・」

営業マン  『あっ、お嬢ちゃんかな、パパかママいる」

なぎさ   「・・・いる・・・」

営業マン  『・・・いたら代わってほしいんだけど』

なぎさ   「・・・いない・・・」

営業マン  『?・・・じゃあまたかけますね』

なぎさ   「・・・(コクリ)・・・」

営業マン  『・・・』

なぎさ   「・・・」

営業マン  『・・・』

なぎさ   「・・・」

営業マン  『あ、あの切りますね』

なぎさ   「・・・うん・・・」

ツーツーツー。


=社長寝室=

J      「まあ、ある意味あれはあれでかまへんけど」

霧子    「最近多いですからね、セールスの電話」

美咲    「収入もないのにねぇ」

J      「ほっとけ・・・ってあいつ何しだすんや」

モニターには社長の机の引き出しを開けようとしているなぎさが。

霧子    「鍵はかけてあるんでしょ」

J      「そらそうやけど、・・・わあ今度はPC叩き出した」

美咲    「ああ、あのPCは気になってたのよね」

ディアナ  「・・・いつも裸の女の人が映ってマス」

J      「ちょっ、ディアナ、余計なこと言わんでええて」

霧子    「あら、今度は自分で電話かけようとしてますよ」

J      「うん、どこかけてんねや、
       ちょっと調べて・・・なんや、ゆっこの携帯か」




なぎさ   「・・・てけりり、てけりり(呼出音らしい)・・・」

ゆっこ   『ハーイ、ゆっこです。何、ボス?」

なぎさ   「・・・白石さんです・・・」

ゆっこ   『な~んだ、なぎさちゃんか。
       ってなんでまたそこからかけてるの』

なぎさ   「・・・カレー・・・」

ゆっこ   『?』

なぎさ   「・・・カレー食べに行くの・・・」

ゆっこ   『えっ、ま、まあいいけど』

なぎさ   「・・・ゆっこさんのおごりで・・・」

ゆっこ   『ああ、今日誕生日だもんね、
       ようし、わかった。
       とっておきのカレー食べにいこっか、
       んじゃ、これからそっち行くからね」

なぎさ   「・・・うん、待ってる・・・」


=社長寝室=

J      「まあ、最後はお約束か」

霧子    「疲れた」

美咲    「自分でやったほうが楽だわ」

ディアナ  「私もカレー食べたいです」

J      「ほな、俺らも合流しよか」

一同    「わ~い、社長のおごりね」

J      「いや、割り勘・・・」

霧子    「お・ご・り・ですよね」

J      「は、はぁ」

来島    「無茶しやがって(涙目)」


おわり


  • 同じカテゴリー(レッスル交流ネタ)の記事画像
    リンクの冒険Ⅱ
    頭の毛も剃れない
    いやね、腱鞘炎がね
    えらそうなこと言ってよ、ジャンプの好きにはさせんよ!
    鋼鉄の九人
    EXタッグ開幕
    同じカテゴリー(レッスル交流ネタ)の記事
     機神兵団 (2009-10-29 21:42)
     こんなブログにノコノコ来るから! (2009-10-19 23:13)
     リンクの冒険Ⅱ (2009-10-16 00:03)
     獣王無職 (2009-08-20 19:13)
     4%の空白 (2009-08-19 21:06)
     更新 (2008-09-20 23:49)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    邪神伝説 なぎさちゃんの事件簿
      コメント(0)